リラックスしませんか?
2009年3月末まで、体験無料。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ラ・パルレ

双子の妊娠

よく聞く話ですが、双子を妊娠すると大変だと聞きます。それはそうですよね。実際一人でも妊娠すると大変なのに、それが双子を妊娠すると二人がお腹の中にいるのですからね。重いし骨盤が支えきれなくなるのは事実です。そのせいもあり、双子を妊娠していた人が歩いていた姿を見たのですが、すごく重そうでした。顔も引きついていていましたね。

以前、私が妊娠中に入院したときに何人か双子を妊娠した人がいました。一人の人は双子を妊娠したせいもあり、前に比べるとつわりがものすごくひどかったせいで入院したそうです。しかし、もう一人の人は双子を妊娠してもまるっきりつわりがなかったそうです。双子を妊娠したから倍になってつわりがひどくなるって事もなさそうだなって思いました。

でも双子を妊娠した二人ともやはり共通点がありました。それは双子を妊娠すると流産や早産の恐れが強いため、ほとんど病院に入院しなければならないのです。しかもその病院では、双子を妊娠した場合には流産しないように4ヶ月頃に手術をして子供が下がらないようにします。確かに双子を妊娠すると喜びも倍ですが、苦しみも倍になるそうです。しかし、双子を妊娠したほうがあの出産の苦しみは一人に一回が普通ですが、双子を妊娠することにより一回で済むのはいいかも知れないなってつくづく感じている私です。ちょっとずるい考え方かも知れませんけどね。

排卵日

皆さんは自分の排卵日についてチェックしていますか?私は基礎体温では排卵日を知ることが出来ない月が多く、どっちかというとオギノ式排卵日で確認したり、排卵通の痛みで排卵日だと特定しています。うちはどっちかというと旦那のほうが私の排卵日を気にしていますけどね。なぜかというと生理のとき私が旦那に「こんな思いするのなら、妊娠するか、子宮筋腫を取り楽になりたい」と泣きながら訴えている姿がかわいそうに思えるからだと思えます。だから排卵日を気にしています。

子供を出産して1年後私には子宮筋腫という病気になりました。幸いにまだ取らなくても大丈夫な大きさらしいのですが、生理中はものすごい腹痛を味わいます。たまに排卵が無く、生理がすぐ来るという症状になったこともあります。だから私には排卵日特定が出来ないのです。

よく排卵日産み分けとして男の子、女の子と区別して行う人もいますが、もう排卵日らしいと思ったらすぐに実行っていう感じですよね。実際出来ていませんけども、最近では出来なくてもいいやって、あきらめています。とりあえず一人男の子がいますからね。でももし、自然に排卵日に行為を行って子供が出来たら私は産みます。もう30の半ばですけどもね。排卵日には体を壊さないように管理していきたいと思います。

排卵日とおりもの

●おりものは、婦人科の病気のバロメーターにもなります。おりものがカッテージチーズ状になって陰部に激しいかゆみが出たらカンジタ膣炎の可能性があります。おりものに臭いはありませんが、豆腐を崩した状態のおりものになります。

次に多い病気はトリコモナス膣炎です。おりものは臭いにおいを発します。カンジタ膣炎と同様に陰部にかゆみを生じ、その上に痛みもあります。おりものが細かい泡状になります。

クラミジアになると、おりものの色は茶褐色になります。おりもののにおいも臭く、血が混じることもあります。性交をした後に出血し、下腹部や腰の痛みがあります。似たような症状で子宮頚がんの場合もあります。また、悪臭はなく黄色で膿状なら子宮頚管炎や淋病の疑いもあります。おりものが膿状になって黄色なら子宮内膜炎が疑われます。

そもそも、おりものは排卵日が近づくとふえる分泌物です。おりものは排卵日が近づくと、子宮や膣壁やバルトリン腺から出る分泌物が混じって排出されます。おりものは、膣から細菌が侵入して繁殖するのを主成分であるグリコーゲンが防ぎます。

おりものは排卵日にその分泌量を増やします。よって、排卵日をおりものによって推測する方法があります。
おりものの状態は排卵日が近くなると量と共に粘り気も増えます。病院では、クスコという膣鏡を使用して、おりものの状態と排卵日の関係を観察することも可能です。

排卵日と妊娠

卵巣から分泌される女性ホルモンの働きによって排卵日や子宮内膜の変化はコントロールされます。黄体ホルモンの分泌が活発になると基礎体温は低温期から高温期に移行して上昇しはじめます。この高温期は約2週間続きますが、排卵日を経て高温期が3週間以上続くと妊娠ということになるわけですが、この黄体ホルモンの分泌は妊娠に必要な栄養素ということで出産まで続くことになり、基礎体温の方は、妊娠12週まで維持され、その後は低温の水準にまで戻ります。

逆に排卵日を経て妊娠していなければその黄体ホルモンの分泌は12〜16日続いた後激減していきます。そうなると基礎体温が下がりはじめ、高温期から低温期へと移行します。そうなると妊娠に必要な栄養分等が不要となるわけで、子宮内膜がはがれて月経となって子宮口から排出されることになるわけです。

女性の体のメカニズムは個人差もあるので、必ずしも一定ではありませんが、正常な場合、基礎体温の変化は冷温期と高温期にはっきりと分かれ、高温期は約2週間、低温期は約3週間弱続くことになります。排卵日と妊娠については、この基礎体温を中心にホルモンの変化がもたらず自然の摂理とも言えるでしょう。こうした微妙な生理機能の変化に基づいて妊娠という事業は成されていくことを理解していくことが大切です。

排卵日の症状

排卵日症状はたくさんあります。排卵日を特定することはなかなか難しいです。排卵日症状はまさに千差万別であり、また人によってもあらわれる症状は異なります。であるがゆえに排卵日症状を特定することは病院で測定を行なっても難しく、外れることもままあります。


病院へ行って排卵日を調べるためにはエコー(超音波)の検査を行い、卵胞の大きさや、子宮内膜が厚くなる様子を調べることができます。

排卵日の症状として腹痛が起きることがあります。下腹部の左右のどちらか、または両方が痛むと言う方もいます。また、別の症状としては痛みではなく、チクチクした感じになる場合もあります。

排卵日の症状として出血する。これは中間期(排卵期)出血といいます。卵巣の中には何個か卵胞(つまり卵)と呼ばれるものがあります。その卵胞が段々成長しそのうちの1個が周期の中ごろに卵巣を突き破って卵管のほうへ向かう(いわゆる排卵)のでそのときに腹痛や性器出血が起きます。

他に排卵日の症状としては唾液がネバネバしてくる、体重が増える、などのものもあるようです。また、症状ではありませんが排卵日になると性欲が増進するという方もいらっしゃいます。かとおもえば、排卵日の症状がほとんど出ない人もいて、ほとんど自覚症状がないのでいつだか分からないという場合もあります。

一般に排卵日の症状を特定するために基礎体温をつける方法はありますが、基礎体温のみで排卵日を特定することは不可能です。基礎体温からみる排卵時期も人それぞれなので、一番下がったときに排卵する人もいれば、上がりかけたときにする人もいるし、上がりきったときに排卵する人もいる、という状態です。基礎体温を計りながら排卵日の症状の規則性を把握し、排卵日の目安をつけていくという地道な方法がどうしても必要になるのです。

排卵日とおりもの

排卵日を特定する手段としておりものの変化を観察する方法があります。排卵日の症状のひとつとして、おりものの変化の様子を見てみましょう。

おりもの(子宮頚管粘液)が変化する。
28日周期の場合を例にとりますと、おりものは生理開始日から数えて8日から10日ごろから増え始めます。そして下着にぺとぺとする感じやかたまりのおりものがつくことがあります。排卵日が近づくと膣内の水分が多くなり卵白のようになるまで増え続けます。おりものがこのような状態になるのは酸性の膣の中を精子が卵管までスムーズに進めるようにするためです。たいてい2〜3日はこういった状態が続きますが、その最終日をを過ぎると少量の乳白色おりものが1日、2日出てきます。

排卵日症状としてはおりものの粘性が高まります。指につけて伸ばすと10センチちかく伸びる場合もあります。また別の排卵日の症状としては、おりものの色が卵白のような状態から透明になっていきます。少し面倒ですが面白い特徴としては、非排卵期のおりものを指につけてお水の入ったコップにいれると溶けますが、妊娠を助ける排卵前のおりものはかたまりのまま水に溶けません。これも排卵日を特定する上で分かりやすい症状でしょう。

ただし、おりものの変化だけを目安に排卵日の症状を決めてしまうことはできません。実際、おりものの状態によって排卵日の症状だと思っても、数日の誤差が生じることがあります。これは妊娠をひとつの方法だけで特定することが困難なことを意味しています。基礎体温を測ったり、妊娠検査薬を使ったりして精度を上げていきましょう。

排卵日と妊娠検査薬

排卵日の目安は色々あります。基礎体温を測る基礎体温法。いわゆるおりものの状態から判断する子宮頸間粘液法。排卵日・排卵期を特定するもうひとつの目安となるのが排卵検査薬で調べる方法です。

LH、いわゆる黄体化ホルモンの量を調べて妊娠の有無を判定します。排卵の時期には脳の下垂体から卵胞刺激ホルモンとLH=黄体化ホルモンを分泌します。

黄体化ホルモンの分泌が多くなると体温が上がります。黄体化ホルモンが卵巣へ分泌されると成長した卵胞は破裂します。この破裂がいわゆる排卵と呼ばれるものです。排卵後の卵巣では、黄体化ホルモンが新しい細胞を作ってゆきます。この黄体から、黄体ホルモンが分泌されます。黄体ホルモン子宮に作用して子宮内膜が妊娠に適した環境になるように状態を整えます。
この黄体化ホルモンの量を調べる方法がLHの排卵検査薬というものです。ただし、この排卵検査薬による検査は100%必ず当たるというものではなく、たとえば、水を多く飲みすぎたりすることで判定が正確にできない場合もあります。こういうときに備えて排卵検査薬は数日から数回にわたって検査を行なうことで精度を高めたりします。

http://www.arax.co.jp/checkone/

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。